読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

paorinna's closet

       ~書いた記録と雑文と雑感~

インド・コルカタについて

相も変わらずインドについて書いている。
考えてみると、初めてインドに行ったのは2000年の11月なので、もうずいぶんと昔になるんだな。

コルカタに行ったのはずいぶん前なので、今はすっかり変わってしまっていると思う。ブログに書いた中華料理店はインド在住の友人によると、去年行った時には閉店していたとの事。当時はコルカタを訪れる日本人バックパッカーには有名なお店だったけれど、コルカタに住む華僑の人々も減ってきているようだし、当然の流れなのかな。

「シティ・オブ・ジョイ」歓喜の街、コルカタ
同名の映画にも描かれているように、本当にカオスな街だった。
インドの玄関口の街の1つだけれど、私はいつもデリーinだし、デリーからヴァラナシへすぐに行くし、なかなかコルカタを通ることもない。

もう一度くらいコルカタには行ってみてもいいな。

シティ・オブ・ジョイ(字幕スーパー版) [VHS]

シティ・オブ・ジョイ(字幕スーパー版) [VHS]

 

この映画、DVDにはなってないのね…。

そんなわけで、コルカタについての投稿。

res-c.blog.jp

もう少しインドについて書いていくので、お暇な時にでも読んでね。

 

res-c.blog.jp



 

知らぬ間にちょこちょことインドについて書いてます

ずーっとここも放置しっぱなしだったな。いかんいかん。

ちょっと体調を崩していたこともあり、書き仕事などほとんどしないでぬぼーっと暮らしていたわけだが、実はひっそりと別名義で参加している「Respective Colours Magazine」の姉妹ブログ「Res-C」にインドについて書いている。

私は元々バックパッカーで、初めて行った海外がインド。
そして一発でインドの虜になって、お金を貯めてはインドに行くという生活を10年くらいしていた。最終的にはほとんど長期滞在目的で学生ビザを取って、学生の身分で約1年間インド暮らしをした。
 

インド (ロンリープラネットの自由旅行ガイド)

インド (ロンリープラネットの自由旅行ガイド)

 

 

他の国は…ネパールとタイしか行っていない。
言い訳するわけではないが、私がインドの他に行ってみたいと思っていた国がことごとく中東にあって、無鉄砲な私でもこんな危険な状況で行ってみることもできず…。

そんなこんなで、私が今まで書いたインド雑記について紹介。

res-c.blog.jp

以上10本がヴァラナシという街について。
現在はダラムサラというインド北部の街について書いたところ。
完全に実体験を元に書いているので、お好きな人には喜んでもらえる内容になっていると思う(偉そうに)。

今後は他の街についても書いていく予定。
それからネパールやタイ、加えて、旅で出会った旅友達についても書くつもり。
どれもさらっと読めるように書いてあるので、お暇な時のお供にでもしてくださいな。

 

res-c.blog.jp

respective-colours.net 

原稿放り投げて、こんなのを書きました

あーなんだかもう、ヘルスケアヘルスケアで脳がぱんぱんになったので、ゆるっと参加している「Respective Colours Magazine」用のお話を書いてた。

普段の原稿とか、ここに書くようなお喋り的な文章を書く時と、架空のお話を書くときに使う脳みそは全く違う部分で、架空のお話はそんなに上手じゃないので、何というか結構妙なテンションになる。

ちゃんとした掌編じゃないし、基本的に妄想垂れ流し文なんだけれど、脳が引き締まるような感覚になるのが面白い。

というわけで、今回はこんなお話です。

 

respective-colours.net

 

読んでみてね~。
あ、「Respective Colours Magazine」はこちら。

 

respective-colours.net