読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

paorinna's closet

       ~書いた記録と雑文と雑感~

首輪

首輪は嫌いだ。鈴のついた首輪をつけていたこともあるけれど、息苦しいからすぐに外してきた。そもそも飼われていないのだからいらないし、つけられる前に自分からふらっと消えてきた。野良猫に首輪はいらない。

気分のおもむくままに、動く。そこが気に入ったら日向ぼっこをしてぬくぬくと眠り、何だか違うなと思ったら次の所を探す。野良猫だって雨をしのげる屋根を見つけられるし、ごはんだって食べられる。場所も手段も選ばなければいくらでも生き延びられる。

さて、次はどこに行こうかな。賑やかで楽しそうな所がいいな。

そんな流れにまかせてやって来たここで、首輪をつけられた。首輪をつけようとする人間たちからいつも逃げていたけれど、よく見かける子だから首輪をつけてあげよう、と言われて断らなかった。

理由はよくわからないけれど、雨に降られることもないし、ごはんだって食べられるし、ちょっと遠くまでお散歩に出かけることもできるし、時々は通りすがりの 人たちが頭を撫でてくれるから喉をごろごろと鳴らせるし、最近はお腹を出して眠っていることもある。気がついたらずいぶんと長居しているしね。

要するに、居心地は悪くないってこと。

やっぱり首輪は嫌いだけれど、外し方はよく知っている。だからちょっとだけ飼われているふりをしてみようかな。でも気をつけて。飼い猫だと思って気を抜いてると尖った爪にやられるよ。


 

首輪|madokajee|note